ネタバレ情報はアッキーニュース!


ネタバレ情報はアッキーニュース!

【ネタバレ】ブリーチ BLEACH 615話 ジャンプ漫画ネタバレ速報!

ブリーチ BLEACH 615話について

50ecac84
ブリーチ BLEACH 615話のネタバレ情報が判り次第随時更新します!

だいたい水曜日くらいまでにはバレが来るんじゃないでしょうか?

前回の感想や雑談でもなんでもOK!楽しいコメントお待ちしております!

ブリーチ BLEACH 615話のネタバレ

ブリーチ(BLEACH) 第615話 ネタバレ

『All is Lost』

————————————–

【現世】

地震でコップのジュースが揺れる
ゲームをしている夏梨に遊子が抱きつく

遊子
「夏梨ちゃん!!夏梨ちゃん!!
地震だよ!!」

夏梨
「あ、ジュースこぼれた・・・」

遊子
「わー!!ごめんね
夏梨ちゃんが危ないと思って・・・」

夏梨
「いーよ、ゲーム濡れなかったし
ハイハ、イあたし拭いとくから
遊子はコップ片しときな」

床を拭き始める夏梨

遊子
「ごめんね~・・・」

夏梨
「だからいーって・・・
まだ揺れてる・・・」

遊子
「ちょっと長いね、地震・・・」

ソウルソサエティの影響で
現世では地震が発生している様子

————————————–

【霊王宮】

霊王の顔のアップ

一護が霊王を真っ二つに斬ってしまう
水晶に入った上半身だけの霊王
(水晶は釣り糸のように支えられいる様子)

皆、目を見開いて驚いている
地面に膝をついてしまう一護

ユーハバッハ
「・・・言った筈だ、手遅れだと
ここに現れたお前自身の手で
霊王は止めを刺されるのだから」

一護
「・・・どうしてだ・・・
どうして俺は斬った?

どうしてこの剣は俺の手を
放れねえんだ・・・?」

一護の手には、動血装の模様が走っている

ユーハバッハ
「我が聖文字はA
全知全能(ジ・オールマイティ)

全ての未来を見通し
全ての力を奪い与える

我が剣に宿る我が霊圧を
お前に与える事もできる

その流れ込んだ私の力が
お前の血に呼びかけたのだ

許せぬ筈だ

お前に滅却師の血が流れるならば・・・
お前は霊王を斬らねばならぬ!!」

次の瞬間、一護の手から模様が消える
自分の剣に手をかける一護

斬月を抜いた一護が
ユーハバッハに突っ込んでいく

一護の攻撃を止めるユーハバッハ

ユーハバッハ
「まだお前に私と戦う理由があるか!?
最早ソウルソサエティは消え去って
しまうというのに!!」

一護
「!!」

————————————–

【瀞霊廷】

瀞霊廷全体がゆっくりと崩壊していく
浦原たちのいる屋根も崩壊していく

一角
「何だ!?屋根が砕けた・・・!?」

弓親
「敵襲か!?」

砕蜂
「いや違う・・・近くに滅却師の霊圧は無い
何が起きてる・・・!?」

浦原
「これは・・・霊王が死んだのか・・・!!」

その言葉に驚愕する一同

平子
「な・・・なんでや!!
零番隊は何してんねん!!
一護はどないしてん!!」

浦原
「・・・考えたくはないですが・・・

零番隊は全滅し・・・
黒崎サンは間に合わなかった・・・

そう考えるのが妥当でしょう・・・

確実なのは・・・
このままでは瀞霊廷は・・・

いや・・・ソウルソサエティもウェコムンドも
現世までも消滅する・・・」

崩壊していくソウルソサエティ

————————————–

【霊王宮】

ユーハバッハ
「霊王は大量の魂魄が出入りする
不安定なソウルソサエティを
安定させる為に創られた!

それが失われた今!!

ソウルソサエティはもとより
ソウルソサエティに接する断界も
ウェコムンドも現世も!

全て等しく崩れ去る!
一護!お前の手によってな!」

夜一
「・・・よう喋るのう
お陰で隙だらけじゃ」

ユーハバッハの周りに糸が張り巡らせていた

夜一
「触れれば裂けるぞ、動くなよ
井上!お主の力で霊王を元に戻せ!」

井上
「はい!!」

織姫が2つに割れた霊王と水晶を
双天帰盾で囲い結界を張る

事象の拒絶をしようとした瞬間
パンッと結界が割れてしまう

井上
「!?」

ユーハバッハ
「・・・愚かな事だ・・・
人間如きの力で霊王を蘇らせられると思うか!
不可能だ!霊王はもう二度と蘇る事は無い!」

————————————–

【瀞霊廷】

恋次
「霊王が死んじまったから!!

ソウルソサエティも現世も
全部消えちまうっていうのかよ!!

なんか・・・なんかやれる事は
他にねぇのかよ!!」

浮竹
「・・・」

何か思う所のある浮竹
そして、浮竹の顔に・・・

ブリーチ BLEACH 615話の検索

・ブリーチ BLEACH 615話 1
・ブリーチ BLEACH 615話 2

 

スポンサードリンク


コメントの投稿

*

Return Top