ネタバレ情報はアッキーニュース!


ネタバレ情報はアッキーニュース!

【仮面ライダーアマゾンズ】Episode 2. BEAST INSIDEは、トンボアマゾンに変身した仲間を狩ることに・・・

Episode 2. BEAST INSIDEは、トンボアマゾンに変身した仲間を狩ることに・・・

66efe9d1jw1f2gxalkg26j20ka09qdhj
Episode 2. BEAST INSIDE

緑のアマゾンに変身したはるかを連れ去る赤いアマゾン=仁。
一方、トンボアマゾンに変身した仲間を狩る使命を帯びた駆除班一同は……

66efe9d1jw1f2gunsqqtkj21cw0rk3z8 66efe9d1jw1f2gunv6mn5j21cw0rkjvk 66efe9d1jw1f2gunwlh04j21cw0rkwhx 66efe9d1jw1f2gunzxqrnj21cw0rk420 66efe9d1jw1f2guo3gsyqj21cw0rkgpm 66efe9d1jw1f2guof83g0j21cw0rk77t 66efe9d1jw1f2guo6nv8wj21cw0rkn0t 66efe9d1jw1f2guo9p1v8j21cw0rkdj0 66efe9d1jw1f2guob4zzdj21cw0rkact
Episode 1で仲間がトンボアマゾンに!

モグラアマゾンと違い理性がないためか、上の命令で仲間を狩ることに・・・

ノザマペストンサービス駆除班は、仲間だったトンボアマゾンと戦えるのか?

そして、ついにアマゾンオメガが誕生!

アマゾンズドライバーの力で、内なるアマゾンを制御することに成功?

仮面ライダーアマゾンズ面白いですね~入ってよかったAmazonプライムw

仮面ライダーアマゾンズ

51QXgPJAPVL._SX940_
『仮面ライダーアマゾンズ』がAmazonプライム・ビデオにて4月1日から配信開始!

仮面ライダーアマゾンズ 予告編

仮面ライダー生誕45周年の2016年の新たな挑戦。所謂ニチアサ(現行テレビシリーズ・仮面ライダーゴースト)とは差別化しての展開で、アメコミヒーローもかくやのストーリー作劇と挑戦的な映像で、仮面ライダーファンの裾野を広げていく。悠と仁、養殖と野生、二人の対照的な仮面ライダーアマゾンを中心に、様々な登場人物の思惑が交差し、謎が謎を呼ぶ展開は注目必至。

(C)2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

監督:石田秀範, 田竜太
主演:藤田富, 谷口賢志
助演俳優:武田玲奈, 東亜優, 俊藤光利, 小林亮太, 馬場良馬, 宮原華音, 勝也, 田邊和也, 朝比奈寛, 加藤貴子, 小松利昌
提供:東映
購入の権利:ストリーミング再生、2か所にダウンロードすることができます。
フォーマット:Amazon ビデオ(ストリーミングおよびダウンロード)

Amazonプライムについて

Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、さまざまな特典を受けられる会員制プログラムです。

会員特典は以下のとおりです。

●無料の配送特典
●特別取扱商品の取扱手数料が無料
●家族と一緒に使い放題
●プライム会員先行タイムセール
●Amazonパントリー
●Amazon定期おトク便のおまとめ割引
●プライム・ビデオ
●Prime Music
●プライム・フォト
●Kindleオーナーライブラリーの利用

公式サイト

 
仮面ライダーアマゾンズ 変身ベルト DXアマゾンズドライバーセット

スポンサードリンク


コメントの一覧

  • Comments ( 19 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 昭和アマゾン好きで平成初期ライダー、
    小林靖子脚本大好きな私ですが
    余程の天祐が無い限りは
    DVDリリース(それかレンタル)を静かに座して待ちます


    大きい反発も比較的少なく方々で好評が多いようで良かった……

  2. いいですねこういう展開
    てか今の平成ライダーもこれくらいやってほしい
    正直最近のライダーはぬるすぎる

  3. ↑販促ノルマや規制の影響がないからここまでやれるんだろうね

  4. ※2
    ライトでお祭り騒ぎで
    比較的人死にのほとんど無い危機感の無い
    明る~~い昨今のライダー好きには
    血管ビキビキモノの発言でしょうけど


    個人的にはその心意気、深く大賛成

  5. 最近の子がやたら持ち上げる暗くてシリアスな路線のライダーってTVシリーズだとアギト龍騎ぐらいから始まった作風でそれ以前は割とぬるめなんだよね。
    ※4の人とかは昨今のライダーがぬるいって言ってるけど昭和含めたシリーズ全体で見ると暗めシリアス系のほうが少数だったりする。
    シリアスモノ作るのはいいしアマゾンズも面白いんだけどそれを持ち上げて「これが本当のライダー、最近のはぬるすぎてダメ」みたいなこと言ってる子を見ると「あ、古参ぶる割にはあんまりライダー見てないんだな」って思っちゃう。
    まあ大体龍騎555リアルタイムで育った子たちは最近のライダーは苦手になりやすいかもね。

  6. ※5
    別に古参ぶっても偉ぶってもない
    あなた様より俺はモノ知らない人なんだろーけど
    逆にあなた様は何故にそんなにエラソーなのか??
    確かに自分は平成直撃世代ですが
    [これがホントのライダー]なんて一言も言ってませんよ?ヌルい…………とは正直思ってますけど
    まあこちらを問答無用で子供扱いですから議論の余地は無さそうですね。
    自分以外の価値観は硬くお認めにならない方と見る
    こっちもガッカリしました
    これ以上は単なるスレ汚しにしかならないようなので
    私も口を紡ぎます
    アッキーさん、大変失礼しました

  7. 雰囲気が明るいだけ
    多分拉致されたっぽい人が砂になったり
    全世界から見捨てられた上にミサイルが飛ばされたり異世界の果物食って人が怪物になったり
    娘を助けるための儀式に巻き込まれて大勢死んだり
    国家権力レベルで怪人に牛耳られてたりするからぬるくは無い
    描写がグロければシリアスで良いという風潮、一理ない

  8. ※6
    なにこの人怖い

  9. 平成2期も雰囲気が明るいだけでやってることは言われてるように洒落にならないよな
    Wだと実質化け物になる麻薬が街にばらまかれてるし

  10. 好きな物で喧嘩するなんて勿体ないよ

  11. ※5
    横から失礼
    何を見て育ったかは大きいと思う(思い出補正含めて)
    自分は真、ZO、JのNEOライダーをレンタル、同監督他作品の人造人間ハカイダー、平成初期ライダーをリアルタイムで見て育った世代だから今の各シーンを脳内変換しないととてもじゃないが見られないライトな仮面ライダーは非常に受け入れがたい部分がある
    とは言え仮面ライダーって元から子供向け番組だったし今見ると昭和も割りとぬるい作りしてるから日曜朝の8時に放送する内容としてはこっちが正解なんだと思う
    ただ、原作者である石ノ森章太郎さんが本当に描きたかったのは雰囲気からシリアスさが伝わるコアでバイオレンスな要素を含む大人向けの仮面ライダーだったんだよね
    真が正にそれだった
    そういった意味ではシリアス路線が本来の仮面ライダーのあるべき姿とも言える
    勿論、今のライダーも仮面ライダーであることには変わりないけどね
    真のビデオから24年
    時代が変わってアマゾンズがネットで配信
    自分にとっては数年ぶりの仮面ライダー復活みたいなもの

  12. グロ好き兄貴喜びの長文投稿
    ウッキウキでわろた

  13. え?石ノ森先生が書こうとしてたのって子供にわかりやすいヒーロー像じゃないっけ

  14. By 戦極ライダー

    仲間のブルーバスターまでもがアマゾンになるとは凄く予想外な展開でしたね...続きがとても気になります...

  15. 久しぶりだからな
    そりゃウキウキよ

    「子供にわかりやすいヒーロー像」ってのも言ってたと思う
    一方で真の作品コンセプトに「石ノ森章太郎氏が当初から本当に作りたかった仮面ライダー」ってのがある
    真について実際に本人が「これが本当の仮面ライダー」って言ってたくらいだからね
    でもそうは思わない人の方が多いのかもな

  16. 私も平成1期を観て育ちましたけど、やたらシリアスを推す人は嫌いです。
    今の時代はフィクションでも、重苦しすぎる話を人は求めていません。
    2期ライダーくらいが丁度いいんだと思います。
    「今のライダーはぬるい」とか「昭和の原作はもっとハードだった」とか
    しつこく書き込む方が多いので・・・

  17. 仮面ライダーに定義はない
    好きな作品を持ち上げる為に、別な作品を貶めるのは馬鹿馬鹿しすぎる
    明るい展開もシリアス展開もそれぞれ好きだけどなぁ

  18. 何はともあれお互い干渉せず別枠でできるようになっただけでも俺は満足だよ
    これで平成のお祭り騒ぎとはおさらばだ
    それじゃあな

  19. 平成2期って直接的な描写が減りはしたし
    明るい雰囲気にはしてるけど
    話の内容は全然ライトじゃないから
    重々しくされたら見てられないと思うわ

コメントの投稿

*

Return Top