仮面ライダーエグゼイド

【仮面ライダーエグゼイド】第14話でついに”永夢の秘密”が判明!エグゼイド、お前はゲーム病だ!を考察してみた

第14話でついに”永夢の秘密”が判明!エグゼイド、お前はゲーム病だ!を考察してみた



blank
blank

なぜか永夢の秘密を知るニコちゃん。

ゲーマーMが自分のことを「ぼく」と急に言うようになったとか・・・

blank

ブルーのダブルアクションゲーマーのLは・・・

自分のことを「ぼく」と呼ぶ。

オレンジのダブルアクションゲーマーのRは・・・

自分のことを「オレ」と呼ぶ。

blank

ダブルアクションゲーマーの変身を解除すると頭痛が・・・

blank

永夢の血を回収する大我。

blank
blank
blank

永夢の血液検査の結果が!

なんと、永夢はゲーム病だった!

変身解除すると頭痛がするのは、ゲーム病が進行しているから?

そして、二体に分裂するのは片方がバグスターだから?

blank

今までの情報をまとめると・・・

●永夢は、ゲーム病(大我より)

●永夢は、世界初のゲーム病患者(映画より)

●Mは、自分のことを急に「ぼく」と呼ぶようになった(ニコちゃんより)

●高校生の永夢のオペ中に光に包まれた謎の人物が出現(映画より)

高校生のMにゲーム病が感染し、オペ中にバグスターが分離。

分離したバグスターがやさしい人格の研修医・永夢となった。

永夢は、Mの別人格でバグスター。

ということですかね?

今までの人格の方が偽りの姿とか驚きの展開ですね!

 

-仮面ライダーエグゼイド
-

© 2020 ネタバレ情報はアッキーニュース!