ニュース

【ゴジラ】虚淵玄さんのアニメ−ション映画『GODZILLA −怪獣惑星−』の特報が公開!未知の怪獣セルヴァムも登場!

虚淵玄さんのアニメ−ション映画『GODZILLA −怪獣惑星−』の特報が公開!未知の怪獣セルヴァムも登場!

絶望は進化する

『シン・ゴジラ』から“アニメゴジラ”へ
歴代最大ゴジラ現る

二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語。

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』11月17日(金)全国公開

<CAST>
ハルオ・サカキ:宮野真守
メトフィエス:櫻井孝宏
ユウコ・タニ:花澤香菜
マーティン・ラッザリ:杉田智和
アダム・ビンデバルト:梶 裕貴
ムルエル・ガルグ:諏訪部順一

<STAFF>
■監督/静野孔文・瀬下寛之
■ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス)
■シリーズ構成/虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき
■キャラクターデザイン原案/コザキユースケ
■副監督/森田宏幸
■演出/吉平“Tady”直弘
■プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli
■CGキャラクターデザイン/森山佑樹
■造形監督/片塰満則
■美術監督/渋谷幸弘
■色彩設計/野地弘納
■音響監督/本山 哲
■製作/東宝
■制作/ポリゴン・ピクチュアズ
■配給/東宝映像事業部

<映画公式サイト>http://godzilla-anime.com/
<映画公式twitter>@GODZILLA_ANIME



blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank

映画の舞台は、怪獣たちとの戦いの末に人類が脱出してから、2万年が経過した地球。長い年月をかけて進化を続けてきたゴジラの脅威に、再び地球に降り立った人類が立ち向かう。

また特報には、移民船の中から険しい表情で地球を見つめる主人公ハルオ(宮野真守)や、地球に降下する複数の揚陸艇、銃を携えて戦闘体制に入る乗組員たちの映像と共に、地上に繁殖する未知の怪獣セルヴァムも登場する。

セルヴァムの体組織は、地球脱出以前に人類がゴジラに対して行った核攻撃時に採取されたゴジラ細胞データに97%一致。ゴジラ同様、金属に極めて酷似した生体組織が、強い電磁気を発生させる特性を持つ。飛行可能な飛翔型と地をはうワーム型の2種が存在しており、飛翔型はワーム型を、ワーム型はより小さい種を補食し、食物連鎖を形成しているという設定だ。2万年の時をかけて、ゴジラが名実ともに地球の支配者になったことを予感させる。

参考リンク

ゴジラがエイリアンみたいになってますね(;´・ω・)

ゴジラ細胞を持った亜種も登場!

で、オリジナルのゴジラはバカでっかくなってる模様・・・

どんな映画になるのか楽しみですね~^^

 

-ニュース
-

© 2020 ネタバレ情報はアッキーニュース!