仮面ライダーエグゼイド

【仮面ライダーエグゼイド】第41話「Resetされたゲーム!」の予告!グラファイトさんと決着!金色のゲムデウス降臨!

第41話「Resetされたゲーム!」のあらすじ

main-2

正宗(貴水博之)は「仮面ライダークロニクル」をリセット。時間を巻き戻し、ハイパームテキガシャットができる前の状態にまで時を戻してしまう。

ハイパームテキなしでクロノスに勝つには、ゲムデウスウイルスの力を持つグラファイト(町井祥真)の力を借りるしかない。永夢(飯島寛騎)とパラド(甲斐翔真)、ポッピーピポパポ(松田るか)はグラファイトに共闘を呼びかけるが…。

一方で飛彩(瀬戸利樹)、大我(松本享恭)はグラファイトと決着をつけるべく戦いを挑む。その戦いの行く末にあるのは、ラスボス・ゲムデウスの降臨…!?

●テレビ朝日公式

『仮面ライダークロニクル』は正宗の能力によってリセットされてしまった。永夢と同じように人類で初めてのバグスターウイルスに感染した“オリジナル”である正宗の「ハイパームテキさえなければ」という思いが覚醒し、ハイパームテキガシャットが存在する直前の時点まで、ゲームをリセットさせてしまったのだ。一方、パラドがエグゼイド側についたことで、クロニクルで倒すべき敵はグラファイトただ一人になっていた。グラファイトをライバル視し、闘志を燃やすブレイブとスナイプ。だが一方で、クロノスに対抗する手段であるムテキの力を失ったエグゼイドは、ゲムデウスの力をもつグラファイトこそが唯一クロノス攻略の鍵だと考える。ところがグラファイトはライダーたちへの協力を拒んで―――。

●東映公式

第41話「Resetされたゲーム!」の予告動画

第41話「Resetされたゲーム!」のみどころ

エグゼイドのシリーズは最終章「トゥルー・エンディング編」へ!

クロノスによってリセットされたゲームは、遂にそのエンディングへと向かい始めます。次回はファーストシーンからリセットの違和感、エンディングが始まる感覚に気付くはずです。8月5日から公開する映画『トゥルー・エンディング』にも登場するマキナビジョンという外資系ゲーム会社の社長であるジョニー・マキシマ(演:ブラザートムさん)が登場し、正宗と接触します。一体、何が目的なのでしょうか? そして、遂に『仮面ライダークロニクル』のラスボス・ゲムデウスが誕生! 映画にも登場しているゲムデウスとは少し違っているようですが、一体なにがどうなっているのでしょうか? もちろん映画を見ずともテレビだけでも十分に楽しめる「エンディング編」となっておりますが、映画を見るともっと楽しめる……、もしくはもっと違和感が残るかもしれません。さらに今週、「エグゼイド」というシリーズにとって重大なことが発表になります。その時、この「トゥルー・エンディング」という言葉の持つ本当の意味と重要性を皆さんに知っていただけるかもしれません。
と、映画の宣伝はこのくらいにして、次回の最大のみどころはグラファイトとブレイブ&スナイプの最終決戦です! ついに5年前の3人の因縁が終結します。言葉はいらない、ただただ拳だけで語り合う男たちの最後の戦いをぜひご覧ください!

blank

本編にもジョニー・マキシマ社長が登場!

blank

葱の正体もついに明らかに?w

blank

ハイパームテキガシャットがなくなったので、ダブルアクションゲーマーでクロノスと対決!?

レベルXXでクロノスに勝てるはずもなく・・・

blank

あれ?ニコちゃんのゲーム病もなかったことにw

blank
blank
blank
blank

グラファイトさんと運命の対決!

blank

レガシーゲーマーレベル100の方がやっぱり強かった!

グラファイトさんを圧倒!

blank

止めを刺すため、ニコちゃんが!

と、その時!

blank

映画とは違う金色のゲムデウスが誕生!

blank

こちらが映画版のゲムデウス。

ハイパームテキガシャットもなしに攻略できるのか?

東映公式予告画像集

blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank

今週発表されるエグゼイドシリーズの重大発表ってなんですかね?

本編は8月で終わって、Vシネマで続くとか?w

テレビ朝日公式
東映公式

 

-仮面ライダーエグゼイド
-, ,

© 2020 ネタバレ情報はアッキーニュース!