仮面ライダーエグゼイド

【仮面ライダーエグゼイド】第44話「最期のsmile」の予告!ポッピー消滅!?仮面ライダービルド登場!最強のレベル1に変身!

第44話「最期のsmile」のあらすじ

main-2

エグゼイドらに倒されたゲムデウスクロノスだったが、消滅することなく超ゲムデウスへと進化。そして、すべてのゲーム病患者がバグスターウイルスへと変貌するパンデミックが発生した。

バグスターウイルスを倒せば、変貌した人々の命も失われる…。エグゼイド、ブレイブ、スナイプは襲いかかるバグスターウイルスに手も足も出せない。

その危機にパラド(甲斐翔真)も立ち上がるが、ポッピーピポパポ(松田るか)は「私たちバグスターにしかできないことがある」とパラドを止めると、エグゼイドからドクターマイティXXガシャットを奪う。
人類を救うためにとったポッピーの行動とは!?

●テレビ朝日公式

ゲムデウスクロノス打倒の先にあったのは、最悪のゲームステージだった。ゲムデウスクロノスはその身体を肥大させ最強のラスボスへと姿を変えた。さらにはゲムデウスウイルスのゲーム病の被害も拡大し、パンデミックはさらに悪化していた。人から人へと感染するようになったゲムデウスウイルス。その状況を目撃するバグスターが2人いた。ポッピーピポパポとパラドだ。
「私たちバグスターにしかできないことがある」
ポッピーはそう言うと、エグゼイドのもとへ走り出して―――。

●東映公式

第44話「最期のsmile」の予告動画

第44話「最期のsmile」のみどころ

人間とバグスター。その“対立”と“絆”の最後の物語。

ゲームのキャラクターとして人間を喜ばせる存在であるバグスター。そして同時に、ウイルスとして人間を苦しめる存在でもあるバグスター。『エグゼイド』では、人間(=ドクター)とバグスターの戦いを1年間描いていきました。ポッピーは最初から人間と協力プレイをするバグスターでした。衛生省にも協力し、ただただ「ゲームをして楽しみたい」という彼女の欲求は、永夢の「人の笑顔を守りたい」というドクターとしての信念と似ているものがありました。一方で、永夢と対立し続けていたバグスターがパラドでした。そのパラドも自分自身が永夢の気持ちと通じ合い、人間の痛み、苦しみ、そして死の恐怖を理解することによって、ようやく永夢との共闘を決意しました。そんな2人が最後に戦う相手は皮肉にも人間であり、その人間であることすらも捨てた檀正宗でした。結局、人間を苦しめるのは人間―――。正宗が苦しみを与え続ける人間たちを救おうとするのは、人間に憧れ続けたバグスター2人です。次回、バグスターであるポッピーとパラドがする最後の決断を、是非見届けてください。
そして、1年間を終えようとしている今、レベル1が再び戦います。皆さんの目には、レベル1が1年前とは全く違って見えるはずです。超最高にカッコいいレベル1の激闘を目に焼き付けて、最終話に備えていただければと思います。

blank
blank
blank
blank

ゲムデウスクロノスのせいで、パンデミックが悪化!

人々が次々とバグスターに!

blank
blank
blank

ポッピーが自分にドクターマイティXXガシャットを使い・・・

blank

消滅?

ドクターマイティXXガシャットって、貴利矢さんと黎斗のネタガシャットじゃなかったんだ・・・

blank

貴利矢さんまでもバグスター(七面鳥)に!

って、バグスターだったけどw

blank
blank

そして、ゲンムの前に現れる仮面ライダービルド!

何しに来た感満載だけどw

このカット見るまでコラボ回なの忘れてましたw

blank

パラドも身を挺してゲムデウスを止める!

blank
blank

そして、永夢がなんと仮面ライダーエグゼイド レベル1に変身!

最強となったエグゼイドのレベル1の力!今見せつけろ!

※関西地方なので、今年は東映特撮ファンクラブを利用しました(;´・ω・)

東映公式予告画像集

blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank

ゲンムとビルドが戦ってる・・・

また、映画の時みたいに邪魔しに来ただけですかね?

テレビ朝日公式
東映公式

 

-仮面ライダーエグゼイド
-, ,

© 2020 ネタバレ情報はアッキーニュース!