仮面ライダービルド

【仮面ライダービルド】第2話「無実のランナウェイ」の予告!ビルドVSナイトローグの対決!勝利の法則は決まるのか?

第2話「無実のランナウェイ」のあらすじ

脱獄犯の龍我(赤楚衛二)の逃亡を助けたため、仮面ライダービルドも政府から追われる身に。しかし、戦兎(犬飼貴丈)は龍我がハメられた殺人事件の謎を解けば、自らの失われた記憶と関係する“組織”にたどりつけるのでは、と龍我の現状から推測をする。

その龍我が突然、戦兎らの秘密基地から姿を消した。ビルドに変身した戦兎が龍我を捕まえにいくと、龍我は「女が待ってンだよ」という。女とは誰のことなのか―? そこへ新たなスマッシュが出現。
ビルドは新たなボトルを使い、フォームチェンジすると…!

●テレビ朝日公式

無実の罪を背負ったままの脱獄犯・龍我をバイクに乗せ、東都政府の前から逃げたビルド。正義の味方であるはずの仮面ライダーは一転して、指名手配犯になってしまった。カフェのマスター・惣一にドヤされながらも、ビルドこと桐生戦兎は、自分の記憶の謎解きにつながるかもしれない龍我を秘密基地に匿い事情を聴く。龍我が殺したとされる科学者・葛城巧の部屋を訪れた際、龍我が葛城の死体を発見したタイミングで警察が踏み込んできた。事件は仕組まれた可能性がある。それ以上のことは語れない龍我のはずだったが、なぜか秘密基地から一人で逃げ出して―――。

●東映公式

第2話「無実のランナウェイ」の予告動画

第2話「無実のランナウェイ」のみどころ

7ページの会話劇

ついに始まりました「仮面ライダービルド」!
戦兎と龍我。ベストマッチなこの二人の“男くさい”ノリを1年間楽しんでいただければと思います。今回が「仮面ライダー」初参戦となる脚本の武藤将吾さんの持ち味である、キャラクター同士の軽妙な会話のやりとりが、2話ではさらに加速します。尺の都合で落ちてしまったセリフはあるものの、2話の台本の冒頭では、戦兎・龍我・美空・紗羽・惣一による7ページにも及ぶ芝居があるんです。この2話の冒頭のやりとりが「ビルド」のキャスティングの軸を決定づけたと言っても過言ではありません。指名手配されてしまった仮面ライダーと脱獄犯という重過ぎるバックグランドを背負っている戦兎と龍我。それにも関わらず、軽口を叩きまくる二人の会話劇に、脱力して他人事のように振る舞う美空、自分のことしか考えていない紗羽とその状況に焦りまくる惣一。そんな我が強いのに憎めない面々が織りなすこのワンシーンでは、視聴者の皆さんに「ぷっ」と思わず微笑んでもらわなければなりません。
でも、こういった会話だけで笑ってもらう芝居って、若いキャストで構成することが多い番組ではハードルが結構高いんです。そこで、会話劇だけで「2話冒頭のシーンを成立させよう」を合言葉に、オーディションを重ね、キャスティングにこだわり、実力のあるキャストを揃えたつもりです。さらにはこのシーンのリハーサルも幾度となく行いました。さてさて、こんなことを書いてさらにハードルを上げてしまいましたが、本当に皆さんにニコリとしていただけますかどうか……? 2話をお楽しみに!

blank
blank

仮面ライダーが指名手配!

戦兎が仮面ライダーとバレると捕まっちゃう!

blank
blank

このままでは、龍我も殺人犯として捕まってしまう!

blank

戦兎と龍我は一緒に逃げることに。

blank

巨大ロボ?なんだこれ~!!

blank

ついにナイトローグと対決!

blank

そして、新たなベストマッチが誕生!

仮面ライダービルド ゴリラモンドフォーム!

トライアルフォームとベストマッチの違いは、必殺技が使えるかですかね?

今回は、OPがなくEDだけだったのはちょっと残念でした・・・

公式予告画像集

blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank

なにげにラビット掃除機フォームも登場ですね。

いっぱいフルボトルがあるから毎週新しいのが登場しそうです^^

テレビ朝日公式
東映公式

 

-仮面ライダービルド
-, ,

© 2020 ネタバレ情報はアッキーニュース!