仮面ライダービルド

【仮面ライダービルド】第3話「正義のボーダーライン」で戦兎が語る”正義”とは?見返りを期待したらそれは正義とは言わねえぞ!

第3話「正義のボーダーライン」で戦兎が語る”正義”とは?見返りを期待したらそれは正義とは言わねえぞ!

龍我(赤楚衛二)に殺人犯の濡れ衣を着せた男と、スマッシュの人体実験場に連れて行くため龍我を襲った男が「ナベシマ」という同一人物であることがわかった。戦兎(犬飼貴丈)は「ナベシマ」を探し出そうとするが、新たなスマッシュが出現。戦兎はビルドに変身し戦いを続ける。

美空(高田夏帆)がネットアイドルというもう一つの“顔”を使い、「ナベシマ」の情報をゲットした。その情報をもとに龍我は電話で鍋島(市オオミヤ)に接触。「無実を証明しろ」というが、鍋島は「俺が何かを言えば、ファウストに殺される…」と答える。“ファウスト”とはいったい…!?

ゴリラ掃除機も大活躍!

戦兎「見返りを期待したら、それは正義とは言わねえぞ!」

さすがは正義の味方・仮面ライダー!戦兎かっこいいですね^^

えっく?(^-^;

 

-仮面ライダービルド
-

© 2020 ネタバレ情報はアッキーニュース!