仮面ライダージオウ

【仮面ライダージオウ】EP14からEP16のサブタイトルorあらすじが判明!オーマジオウの家臣・カッシーン登場!50年後の未来へ!

EP14からEP16のサブタイトルorあらすじが判明!オーマジオウの家臣・カッシーン登場!50年後の未来へ!

EP14「GO!GO!ゴースト2015」12月9日放送

●魂と体が分離して、意識が戻らなくなったソウゴを救うため、ゲイツは2015年へと向かう。

そして、霊になったソウゴとタケルも同じ年へ。

●アナザーゴーストとの戦いで魂と体が分離してしまったソウゴ。

魂だけとなった彼はタケルの力を借りて、タイムマジーンに乗り込み、アナザーゴーストの誕生前の2015年に向かうのだが・・・。

●アナザーゴーストとなったミカの兄を助けるため、ソウゴはタケルと過去へ向かう。

●謎の預言者・ウォズは、自分の知る歴史どおりの魔王となるようソウゴを導こうとしていた。

だが、ソウゴがウォズの思惑から外れた行動を取り続けるため、徐々に歴史の流れが変わりはじめてしまう。

それが不満なウォズは、反目し合っていたタイムジャッカーと手を組み、最強の敵をソウゴとぶつけることで流れを修正しようともくろむ。

彼が送り込んだのは、”世界の破壊者”の異名をもつ”仮面ライダーディケイド”だった。

EP15「サブタイトル未定」12月16放送

●世界各地の上空に7体の巨大なロボット”ダイマジーン”が出現する。

それを目にしたソウゴは、子供のころに何度も夢の中にダイマジーンが出てきたことを思い出す。

ツクヨミの話によると、ダイマジーンはオーマジオウが世界を制圧するために使ったメカで、世界中が焼き尽くされて多くの犠牲が出たという。

そこへ突然、オーマジオウの忠実なしもべ・カッシーンがソウゴ達の前に現れ、ツクヨミとゲイツを襲撃。

止めようとするソウゴにも、2人の抹殺を命じたのは未来の魔王たるあなた自身だと言って聞く耳をもとうとしない。

一方、ゲイツはこの事態を受け、ソウゴが魔王にならない可能性はもはや消滅したと判断。

自らの手で彼を葬る覚悟を決めるが・・・。

EP16「サブタイトル未定」12月23放送

●突如現れたディケイドの能力によって、50年後の未来に飛ばされたソウゴとツクヨミ。

支配者であるオーマジオウの圧政に恐怖し、難民たちが廃墟で息を潜めて暮らしている光景にソウゴはショックを受ける。

さらに、彼は未来の世界で思いもよらない人物と出会うことになり・・・。

12月30放送休止

EP17「サブタイトル未定」1月6放送

●内容不明

・・・

オーマジオウの家臣・カッシーン登場!

その実力は?

ソウゴがディケイドの力で50年後の未来に!

オーマジオウと対決!勝敗の行方は?

 

-仮面ライダージオウ
-

© 2021 ネタバレ情報はアッキーニュース!