仮面ライダージオウ

【仮面ライダージオウ】映画『平成ジェネレーションズ FOREVER』に仮面ライダー電王/野上良太郎役の佐藤 健さんが出演!

映画『平成ジェネレーションズ FOREVER』に仮面ライダー電王/野上良太郎役の佐藤 健さんが出演!

12月22日より公開となった映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』に、佐藤健が出演していることが発表された。

本当にサプライズでしたね!よく公開日まで秘密に出来たな~って思いました。

でも、映画の観賞前にアッキーニュースのコメント欄で知っちゃいましたw

佐藤 健さんは、仮面ライダー電王こと野上良太郎役で出演!

ウラタロスが憑依した状態で出演していました。

登場シーンもアナザー電王と戦う貴重なシーンで、かなり長い時間登場していました。

最後のモモタロスのセリフが感動しましたね~

※コメント欄でたくさんの情報ありがとうございます!

佐藤 健(野上良太郎 役)コメント

記念すべき平成最後の劇場版仮面ライダーに呼んで頂き大変光栄です。

「仮面ライダー電王」は僕にとってほぼゼロから全てを教えて頂いた僕の原点です。

当時から支えて頂き、そして今でも好きだと言ってくださる方へ感謝の気持ちをお伝えしたいし、現実世界において虚構である仮面ライダーという存在が、僕等の心の中では真実であり永遠なのだという想いを、限られた出演時間ではありましたが込めたつもりです。そんなことはライダーを愛する皆様にとって当然のことかもしれませんが、この映画を我々が創ることで、皆様がそれをご覧になることで、そんな想いを少しでも共有できれば幸いです。

ストーリー

常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じ、まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていく。さらに、二人の前にスーパータイムジャッカー・ティードが現れる。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年・アタルに出会う。一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまう。強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。「仮面ライダーは、現実の存在じゃない」。彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体……? なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構(フィクション)の存在となってしまったのか? 謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった。

予告動画

佐藤健が10年ぶりに出演!『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

12月22日より公開となった映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』に、佐藤健が出演していることが発表された。


 

-仮面ライダージオウ
-

© 2021 ネタバレ情報はアッキーニュース!