仮面ライダージオウ

【仮面ライダージオウ】このタイミングで響鬼編だったのは「師匠から弟子へ」「平成から令和へ」をテーマにするためだった!

このタイミングで響鬼編だったのは「師匠から弟子へ」「平成から令和へ」をテーマにするためだった!

公式より抜粋

次のOA(5月5日)は、令和初めての放送。

平成から新元号へと入れ替わるこのタイミングに、どんなエピソードがふさわしいのか……『ジオウ』の企画段階から、ずっとカンカンガクガクだった問題の一つでした。
ある時、一同ふと気づくわけです。平成ライダーの中に唯一、「継承」「世代交代」をテーマにした番組があったことに。
言ってみれば、このタイミングで『響鬼』編をお送りするために、逆算してレジェンド編を再開したようなところもあります。

師匠から弟子へ、平成から令和へ。
トドロキに「ただの鬼」と言われてしまった桐矢京介の真意は。そして祝福の鬼・ウォズは、みごと我が魔王の誕生を祝えるのでしょうか……?

・・・

世代交代をテーマにするために平成と令和の間の回に「響鬼編」をやったんですね。

京介とツトムは師弟関係じゃない(兄弟弟子)ので、ヒビキさんと京介の世代交代かな?

公式サイト

 

-仮面ライダージオウ
-

© 2021 ネタバレ情報はアッキーニュース!